召喚士(サマナー・精霊使い)

職業概要

異界から様々な存在を呼び出し使役する。呼び出す対象は、異世界の動物、物質、精霊、さらには神々や悪魔にまで及ぶ。地水火風の精霊を扱う場合は、精霊使いと呼ばれる事もある。いずれにせよ召喚対象を呼び出しただけでは駄目で、術者に従わせなければならない。強制的に魔力で抑えつける、魔力や魂を代償として差し出す、意志の強さを見せつける、友達になるなどの方法がある。どの方法を使うかは召喚対象の特性と、術者の流儀による。召喚士は戦いで活躍するのはもちろんだが、日常生活をも支える。力持ちのモンスターを使役できれば土木作業に役立つし、精霊と交信できれば自然災害を未然に防ぐ事も可能だ。

 

就職方法

主に3つの方法がある。1と2は他の魔法系の職業と共通だ。

1弟子入りする
ベテランの魔法使いに弟子入りして学ぶ昔ながらの方法。多くのRPGで魔法使いの師弟が見られる。

2学校に通う
魔法を教える専門学校に通う。RPGではないが、ハリーポッターシリーズなどで見られる。確実だが相応の時間と学費がかかる。

3仲良くなる
精霊は召喚しなくても、この世に姿をあらわすことがある。仲良くすれば、勉強しなくても就職できる。


求められる能力

召喚の呪文には、古代語や特殊な言語を用いる(少なくとも日本語を期待しないほうがいい)。そのため語学に興味があるのが望ましい。強制的に従わせるのが不可能な相手を召喚する場合、コミュニケーション能力も必要だ。性格的には勉強熱心で向上心がある人に向いている。精霊使いであれば、自然を愛し心の深い所でコミュニケーションが取れる人が望ましい。

 

年収の目安

400~800万円程度
高度な専門職のため、給与水準は高い。実績を積めば、学校の教官、魔法研究者、宮廷魔術師、軍人、シャーマンなどへの転職も見込める。上位の職に付ければ1000万円プレイヤーも可能だ。

 

やりがい

広告

召喚魔法はファンタジーRPGの世界で、最大級の威力を誇る。勉強は厳しく召喚の儀式には危険も伴うが、その分うまく召喚できた時の喜びもひとしおだ。精霊使いなら自然が好きな人、強制的に従わせる流派であればサドな人にもお勧めだ。


別表記・類似職業

サモナー(召喚術師)、エレメンタリスト(精霊使い)

 

イラスト

召喚士  提供:NAKATO

 

サマナー  提供:苅山春馬

 

他の人に診断結果を伝える

診断結果を他の人に教えてみませんか?
この職業が気に入ったか書くと、面白いかもしれません。

Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿時に自動でURLなどが表示されない方はこちらをコピーしてお使いください。

ブログなどで結果を紹介する場合は、次のテキストを使うと簡単にリンクが張れます。

SNS

性格診断セブンのSNSページを作ってみました。主に更新情報や、面白い感想などをお届けする予定です。基本的にどれも同じ内容なので、お好きなものをご利用ください。
mixiページ
Facebookページ
Google+ページ
Twitter


戻る

適職診断ファンタジーRPGの職業編のトップに戻る
もう一度診断を受ける場合はこちらを選ぶか、ブラウザから前のページに戻ってください。


性格診断セブントップに戻る
他の診断を受ける方は、こちらをお選びください。






ファンタジー職業一覧

このページの先頭へ