勇者(救世主)

職業概要

誰もが恐れる困難に立ち向かい偉業を成し遂げようとする者。ファンタジーRPGにおいては、その中でも救世主のような存在を勇者という。

 

就職方法

主に3つの方法がある。

1国家権力により任命される
危機に陥った国家により指名されれば、その時点で君は勇者だ。国家により正統性が保証されており、カジノに入り浸っているだけでも、民衆からは勇者と呼んでもらえるだろう。

2神の意志により任命される
神が自らに代わって世界を救ってくれる者に力を与える事で勇者(救世主)が誕生する事がある。もっとも勇者にされた側はそのことを知らず、運命に翻弄されているように感じるかもしれない。

3自ら勇者を名乗る
勇者は職業というより称号に近いので、自ら名乗れば即席の自称勇者が完成だ。英雄、神、勇者、王族などの血筋であれば、他人からも勇者と認めてもらいやすい。血統付きを自称するのも1つの手だ。


求められる能力

戦闘力と勇気が必要なのはもちろんだが、それだけでは務まらない。次のような資質を備えている事が望ましい。

1誰かの役に立ちたいという強い願望
魔王は、勇者を誘惑して取り込もうと考えているかもしれない。邪悪な誘惑に負けない意志の力。すなわち人々の役に立つ事に喜びを感じる人が望ましい。

2頑固なまでの理想主義者
旅の道のりは長い。途中で「そんなの無理だ」と言われる事も多い。勇者が現実的な人間なら、その時点で冒険を止めてしまうだろう。どんなに大変でも自分の信念を貫き通す、頑固なまでの理想主義者でなければ務まらない。

3カリスマ
一部の例外を除けば勇者もパーティーを組んで戦う。パーティーを結束させる、強烈なカリスマが必要だ。

 

年収の目安

10~100万円(月収ではなく、年収だぞ)
華々しいイメージに反して、勇者の給料は著しく低い。自称勇者に収入がないのは当然として、国家の後押しがあっても状況は大して変わらない。そもそも国難を勇者に丸投げするような国家は破綻しており、まともな財力を持っていないのだ。例えばドラクエ3では、旅立ちの日に王様から貰えるお金はわずか50Gである。そしてその後、何の援助もない。勇者はあまりに低い収入を補うため民家からお金を盗むといった、盗賊まがいの金策に走る事になる。ただし見事魔王を倒せば話は別だ。その後はバラ色の人生が待っており、貴族や王族になれる事だってあるのだ。

※勇者は強敵に挑むため、常に新しい装備を買い続ける宿命にある。膨大な経費のせいで、収入があっても可処分所得は著しく低い。

 

やりがい

広告

勇者は「給料低い、きつい、危険」の3K職場だ。しかし「世界を救いたい」、「大切な人を助けたい」といった理想のために懸命に努力できる、やりがいがある職業でもある。

 

イラスト

勇者  提供:水鳥樹由

 

他の人に診断結果を伝える

診断結果を他の人に教えてみませんか?
この職業が気に入ったか書くと、面白いかもしれません。

Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿時に自動でURLなどが表示されない方はこちらをコピーしてお使いください。

ブログなどで結果を紹介する場合は、次のテキストを使うと簡単にリンクが張れます。

SNS

性格診断セブンのSNSページを作ってみました。主に更新情報や、面白い感想などをお届けする予定です。基本的にどれも同じ内容なので、お好きなものをご利用ください。
mixiページ
Facebookページ
Google+ページ
Twitter


戻る

適職診断ファンタジーRPGの職業編のトップに戻る
もう一度診断を受ける場合はこちらを選ぶか、ブラウザから前のページに戻ってください。


性格診断セブントップに戻る
他の診断を受ける方は、こちらをお選びください。






ファンタジー職業一覧

このページの先頭へ