僧侶(神官・神父・司祭・プリースト)

職業概要

神に仕え、その教えを広める事を使命とする職業。多くのファンタジー世界には神が実在するため、神と人の橋渡しをする僧侶は非常に重要な職業だ。神官、司祭、神父、聖職者、プリーストと呼ばれる事もある。治癒魔法や神聖魔法を使えるため、戦いでも重宝される。

 

就職方法

何はともあれ神への信仰を深める必要がある。ファンタジー世界では、積極的な信者と職業的僧侶の境は曖昧だが、ここでは教会や寺院に務める職業的僧侶になる方法を紹介する。

1教会・修道院に入って弟子入りする
信仰について1つ1つ学んでいこう。ファンタジー世界ではオーソドックスかつ、最も実行しやすいでお勧めだ。

2神学校に通う
聖職が一般的な世界では、各地に神学校が見られるはずだ。そこに入って学ぶのも1つの手である。

※いずれの方法を取る場合も、最終的に教会の偉い人などから任命されなければならない。


求められる能力

何よりも厚い信仰心が必要だ。伝導者の側面があるので、コミュニケーション能力も求められる。価値観や信条を人と分かち合い、心の深い所で交流ができる人間が望ましい。一方で神学者タイプの場合は向いている性格が異なる。知的挑戦を愛し、思慮深く、一人でいるのを好み、いつまでも頭の中でグルグルと考え続けているような人なら、神学者の道を歩むのもいいだろう。

 

年収の目安

500~1000万円
僧侶はファンタジー世界において社会的地位が高い職業だ。冒険者に付いて行く場合はともかく、教会などに務める場合は安定した高収入が望める。蘇生魔法が使えるのに、収入が低いわけがない!

 

やりがい

広告

悟りを開いたり、人の精神性を高める手助けができるのが、この職業独特の魅力だ。神の奇跡(治癒魔法)により困っている人を助けられるので、直接的な満足感も大きい。

 

別表記・類似職業

シスター(修道女)、クレリック(聖職者)、パスター(牧師)、アコライト(侍者)、モンク

アコライトは司祭の補助をする下級聖職位、または信者の事。
モンクは僧侶の事だが、ファンタジーRPGでは武闘家を意味する事が多いので、就職の際は注意が必要だ。おそらく少林寺拳法的なイメージから来ているのだと思われる。


イラスト

僧侶  提供:NAKATO

 

シスター  提供:kaori

 

他の人に診断結果を伝える

診断結果を他の人に教えてみませんか?
この職業が気に入ったか書くと、面白いかもしれません。

Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿時に自動でURLなどが表示されない方はこちらをコピーしてお使いください。

ブログなどで結果を紹介する場合は、次のテキストを使うと簡単にリンクが張れます。

SNS

性格診断セブンのSNSページを作ってみました。主に更新情報や、面白い感想などをお届けする予定です。基本的にどれも同じ内容なので、お好きなものをご利用ください。
mixiページ
Facebookページ
Google+ページ
Twitter


戻る

適職診断ファンタジーRPGの職業編のトップに戻る
もう一度診断を受ける場合はこちらを選ぶか、ブラウザから前のページに戻ってください。


性格診断セブントップに戻る
他の診断を受ける方は、こちらをお選びください。






ファンタジー職業一覧

このページの先頭へ